CSVファイルを部品表に読み込む

プロデルの表部品の中にある表部品のサンプルプログラムに手を加えて CSVファイルの内容を読み込むように変えます。読み込むファイルは前回使用した 「年齢表.CSV」 です。

プロデルのサンプルにある表部品のサンプルをファイル読み込みに変更します。

---ここから

データというデータ表を作る
データに{「名前」、「年齢」 、「住所」 、「メモ」}という列を加える
データへ「年齢表.CSV」から読み込む

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  
  はじめの手順
    初期化する
    表部品1のデータ表をデータに変える
  終わり
  初期化する手順
ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
この内部領域大きさを{442、258}に変える
この内容を「表部品のテスト」に変える
このドラッグドロップを○に変える
表部品1という表部品を作る
表部品1を初期化開始する
その位置と大きさを{12、12、418、234}に変える
その移動順を2に変える
その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
表部品1を初期化終了する
  終わり

  開いた時の手順
    行一覧は、表部品1の行一覧
    番号を1から表部品1の行数まで増やしながら繰り返す
      もし行一覧(番号)の新しいなら、繰り返しを続ける
      行一覧(番号)の見出しは、番号
    繰り返し終わり
  終わり
終わり

―--ここまで

実行するとこんな感じになります。

投稿者:

こきりこ

その辺に居る、ダメなおじさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください