ちょいと思う事があって

パソコンを使ってプログラムを作るとき、古い時代のおじさん世代としては画面が気になる。
その中で入力画面が簡単に作れる言語を手に入れようと思うとVisual系になってしまう。
ここで突然Visual系と言われてもパソコン言語に縁の無い人にとっては何のことか分からない。そんなものだ、Visual系とは画面を、イメージのままに作れる種類の言語(主にパソコン)で主にC#とかBasic等がある。言語使うためには色々な設定(プラットフォーム)が必要で正直に言えば設定で挫折する人も少なくない。(マイクロソフト「Visual Studio 2017 Community」は無料です)。初心者がプログラムを始めようにも敷居が高い。
そんな中で異色を放っているのが「日本語プログラム」で、「なでしこ」・「プロデル」は画面が簡単に作れるだけでなく。インストールするだけで簡単に始めることが出来る。それでいてプログラム言語としての要所はきちんと押さえているのでプログラムの基礎を付けることが出来る。日本語だから簡単とは言わないが、書き間違いを探しやすいのは事実。逆に、人によっては日本語だから曖昧さゆえの壁に当たるかもしれない。
入力画面が簡単に作れて、入力ができる、これは事務系のプログラムには必須事項なので利用しないのはもったいない。しかも、エクセル・ワード等との連携が得意なので使い方によっては時短が可能になる。

ちょいと思う事があって、今日はそんなことを節操なく書いている。

もしも、興味を持った人がいれば、言語の名前で検索していただければ簡単に見つかる。

投稿者:

こきりこ

その辺に居る、ダメなおじさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください