閑話休題・プロデルでSQLを使うメリット

プロデルで業務に使えるサンプルプログラムを作り公開しているが、それなりに悩みながらコードを書いている。何かが間違っていたり勘違いしていたりと、その原因はいろいろある。以前SQLは「なでしこ」よりも「プロデル」のほうが優れていると書いた。その理由を書いていなかった。「なでしこ」はSIFT-JISで処理を行っている(変換命令が用意されているので問題はない。)のに対して、「プロデル」はユニコードを使用している。この違いが大きい。ともにSQLite3を利用しているので大差はないが使用コードの違いで「プロデル」では内部に漢字で変数項目が使える。(どちらでも保存した内容に漢字などを使用できるので勘違いしないでほしい。)データベースは他の言語からも使用できる方が便利なので項目名は出来る限り「半角英数」で処理したほうが良いとは思う。

例えば、「プロデル」で作成したデータベースをRubyで読み込むとか、PHPでも利用するとかした場合は便利かと思う。

SQLの利用にはこだわりを持っている。が独立した言語であることは以前書いた。UNIXなどを利用するとシェルというバッチプログラムを使用してSQLを直接操作するだけでかなりの処理ができるようになる。「プロデル」でフロント部分を作りその中でSQLを利用すれば比較的簡単にプログラムが組めるようになるはずだと考えている。

なぜ、いまこんなことを書いているかといえば、プログラムの途中で嵌まっているからだ。次回はどうなるか分からない。また脱線する?たぶん、書き込みだけのSQLプログラムになるとおもうけど。そのうちプログラム作成手順が読みやすいようにまとめます。

 

 

投稿者:

こきりこ

その辺に居る、ダメなおじさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください