郵便データを他のテーブルで利用する・その1

プロデルで作成したテータベースに郵便番号データが登録出来たら。検索することで住所入力が簡単に出来るようになる。例えば、ユーザー登録が必要なプログラムを書く時にツールとして組み込めば便利に使うことが出来る。今回はユーザー登録機能を追加する事にする。前回までに作成したプログラムを実行するとこんな感じになる。(町域に「顔」を入力し検索した結果)
郵便番号を町域に「顔」を入力し検索した
この画面の右端にある項目は選択した郵便番号を表示するようにしている。
選択した郵便番号

この画面に機能を追加して住所を登録するプログラムを作ろうかと思う。

今回作成するもの

1.郵便番号検索にユーザー登録を追加する
2.ユーザー登録するテーブルを新しく設定する・
3.ユーザー登録にはIDを設定し重複を防ぐ
4.郵便番号を入力したら住所を自動的に入力させる。
5.郵便番号が分からない場合、住所の一部から郵便番号と住所を入力。
6.テーブルにユーザー登録する。

単純に考えればこんな感じ。もしろん登録したデータを検索したり修正できることも大事だけれど数回に分けて徐々に書くことにする。

ユーザーテーブル(user)の必要な項目を考える。

1.ユーザーID(id) 主キー設定
2.ユーザー名(name)
3.郵便番号(zip)
4.住所1(add1)
5.住所2(add2)
6.メールアドレス(mail)

サンプルなのでこの程度。

このテーブルでは主キーを設定します。作成するときに「項目名 integer primary key」と指定する事でID(項目名)には自動的にキーが付けられるようになります。「integer」は数値項目なので数字が入ります。

このテーブルを作成するプログラムはこちら

—————————— ここから

// プロデルからSQLiteデータベースを操作する例 //
// SQLiteのuserテーブルの作成
//SQLiteを利用するには、System.Data.SQLite.dllが必要です

「Produire.Data.SQLite.dll」を利用する
SQLiteというSQLiteデータベースを作る

SQLiteのデータソースを、「test01.db」に変える
SQLiteへ接続する

テーブルを作成する

SQLiteから切断する

テーブルを、作成する手順
     ーーテーブルの作成
     SQLiteで「CREATE TABLE user (
          id integer primary key,
          name TEXT,
          zip TEXT,
          add1 TEXT,
          add2 TEXT,
          mail TEXT);」を実行する               
終わり

—————————— ここまで

投稿者:

こきりこ

その辺に居る、ダメなおじさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください